ロングテール

「ロングテール」とは、商品やサービスの販売パターンに関する概念で、特に大量に売れる主流の商品(ヒット商品)とは異なり、少量しか売れないニッチな商品が非常に多種多様に存在し、それらが合計すると大きな市場を形成することを指します。この言葉は、販売数量を縦軸に、商品の種類を横軸にしたグラフにおいて、主流の商品は左側の高い部分に、ニッチな商品は右側の長い尾の部分に位置することから名付けられました。

特に、インターネットの普及により、従来の物理的な店舗では扱いにくかった多種多様な商品を、オンライン上で広く取り扱うことが可能となり、ロングテール市場の重要性が高まっています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。