ロックアップ

「ロックアップ」とは、新規公開(IPO)を行う企業の主要株主や経営者らが、公開後の一定期間、その株式を売却しないという契約を結ぶことを指します。この期間内には、該当の株式は市場に出回らないため、「ロックアップ」と呼ばれます。

ロックアップの目的は、新規公開直後の株価の急激な変動を防ぎ、市場の安定を図ることにあります。主要株主や経営者らが大量の株式を一気に売却すると、株価が急落するリスクがあるため、そのような状況を避けるためにロックアップ期間が設けられます。期間終了後、ロックアップが解除されると、株式の売買が自由となります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。