路線価

「路線価」とは、土地の価値を示す参考指標として、日本の国税庁が公表する土地の1平方メートル当たりの公示価格を指します。実際の市場価格とは異なり、路線価は土地評価委員会が独自の基準に基づいて算定し、土地取得税や相続税、贈与税の計算の基礎として使用されます。

具体的には、特定の日における主要な道路沿いの土地の価格を示しており、実際の取引価格や近隣の土地の価格などを基に更新されます。路線価は、土地の価格の動向を把握するための参考情報として、また、税務上の計算の際の基準として重要です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。