ロスカット

「ロスカット」とは、投資において損失が一定の設定額や設定比率に達した際に、その資産を強制的にに売却し、さらなる損失を防ぐための措置を指します。特に、株式や為替取引でよく用いられる用語です。

例えば、投資家がある株を10,000円で購入し、その価格が9,000円まで下がった場合には強制的に売却するという条件を設定できます。これにより、市場の急激な変動や不測の事態による大きな損失を予防することが狙いです。ロスカットは、投資のリスク管理や資金管理の基本的な手段として採用されています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。