老齢基礎年金

「老齢基礎年金」とは、国民全員が加入する国民年金の基礎部分としての給付を指します。この制度は、全ての国民が一定の年齢に達した時に一定の額の年金給付を受け取ることを目的としています。

具体的には、国民年金に一定期間以上加入している人が、65歳から受け取ることができる年金給付です。加入期間や支払った保険料によって受け取ることができる給付額が異なります。この制度は、老後の生計を支える基盤としての役割を果たしています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。