狼狽売り

「狼狽売り」とは、投資家がパニック状態や過度な恐怖心から株や他の資産を急激に売却する行動を指します。狼狽売りは通常、不安定な市場環境や悪化する経済ニュース、大きなショックイベントなどが発生した際に見られます。このような売りの動きは、しばしば市場の過度な反応や感情的な判断に基づくもので、ファンダメンタルズ(実質的な業績や価値)とは必ずしも関連しない場合があります。

狼狽売りが一斉に行われると、市場価格の急落を引き起こすことがあり、その結果、さらに多くの投資家が売却を選択する恐れが生じることがある。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。