労働生産性

「労働生産性」とは、労働によってどれだけの生産量や価値が生み出されるかを示す指標です。具体的には、一定期間内の生産出力をその期間に投入された労働時間や労働者数で割ったものとして計算されます。高い労働生産性は、労働者一人当たりの生産能力が高いことを意味し、企業の利益増加や経済の成長に寄与するとされます。

例えば、1時間に1つの製品を作る労働者と、1時間に3つの製品を作る労働者がいた場合、後者の労働生産性の方が高いといえます。この指標は、企業の経営効率や国の経済競争力を評価する際の基準として参考にされます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。