レーティング(投資信託)

「レーティング(投資信託)」とは、投資信託の性能やリスクを評価・格付けすることを指します。投資信託は多種多様で、その運用成果やリスク特性はさまざまです。レーティングは、専門の評価機関や情報提供会社が行い、投資家が投資先の選択や比較をする際の一つの参考情報として用いられます。

具体的には、過去の運用実績、運用方針の明確さ、経費率、リスク度合いなどを基に、星や数字、アルファベット等での評価スコアが付けられます。高いレーティングを持つ投資信託は、その性能や安全性が高いと評価されていると捉えることができますが、過去の成果が将来の成果を保証するものではないため、投資判断の際には他の情報も併せて検討することが重要です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。