レーティング

「レーティング」とは、企業や国、地方自治体などの発行する債券やその発行体自体の信用度を評価・格付けすることを指します。この評価は、専門の格付け機関によって行われ、その結果はアルファベットや数字などで表されることが一般的です。例えば、AAAやAAなどは高い信用度を示す一方、BBやCなどは低い信用度を示します。

レーティングは投資家が投資先を選ぶ際の参考情報として非常に重要です。高いレーティングを持つ債券は、デフォルト(債務不履行)のリスクが低いとされ、安全な投資先と見なされることが多いです。逆に、低いレーティングのものはリスクが高いとされ、その分、高い利回りを求められることもあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。