レンジ相場

「レンジ相場」とは、株価や為替レートなどの金融商品の価格が特定の範囲内で上下を繰り返す市場のことを指します。具体的には、価格がある一定の上限(レジスタンス)と下限(サポート)の間で動いている状態を示します。レンジ相場では、明確な上昇トレンドや下降トレンドが存在しないため、投資家やトレーダーはこの範囲内での取引戦略を立てることが多いです。

例えば、サポート近くで買い、レジスタンス近くで売るという方法が考えられます。レンジ相場は、市場参加者間の意見が分かれ、方向感が出にくい時期に形成されることが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。