レモン市場

「レモン市場」とは、市場参加者間での情報の非対称性が存在し、低品質な商品(「レモン」と呼ばれる)が高品質な商品よりも多く市場に出回る現象を指します。この用語は、特に中古車市場において、売手が車の実際の状態を知っているのに対し、買手がその情報を持っていないことから生じる問題を示す例としてよく引き合いに出されます。

情報の非対称性が続くと、買手は商品の品質を正確に評価できず、結果として市場全体の品質が低下する恐れがあります。この状態は、市場の効率性の低下や不信感を生むことがあるため、情報開示の重要性を強調する際に参照されることが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。