レバレッジ効果

「レバレッジ効果」とは、企業が借入金外部資本)を使用することで、株主の収益性を増加させる効果を指します。具体的には、外部資本のコスト(利息など)が企業の全体の収益率よりも低い場合、外部資本を多く使うことで、株主資本の収益率が増大します。

例えば、低い利率での借入を多く行い、その資金で高い収益を生み出す事業に投資すると、株主の利益は増加します。しかし、レバレッジが高まるとリスクも増大するため、適切なバランスが必要です。簡単に言えば、レバレッジ効果は「借金をうまく活用して利益を増やす」効果と理解できます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。