理論ベーシス

「理論ベーシス」とは、先物市場と現物市場の価格差の理論的な価格を指します。具体的には、先物契約の満期日における予想現物価格と、その時点の先物価格との差額として計算されます。

先物市場は、将来のある時点での商品の売買を約束する市場であり、現物市場は即時の商品の売買が行われる市場です。この2つの市場の価格は通常、一定の関係を保つものの、運搬費、保管費、利息などの要因により、その関係には一定のギャップが生じることがあります。このギャップや差額を理論的に算出したものが「理論ベーシス」です。簡単に言うと、「理論ベーシス」は「先物価格と予想される現物価格との理論的な差額」を指します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。