リレーションシップバンキング

「リレーションシップバンキング」とは、銀行が顧客との長期的な関係を重視し、その関係を基に幅広い金融サービスを提供するアプローチを指します。従来の単なる貸出や預金の取引を超え、顧客のビジネスや資金繰りの状況を深く理解し、最適な金融ソリューションを提案します。

このアプローチにより、銀行は顧客からの信頼を獲得し、ビジネスの成長や変動時に迅速に対応することができるようになります。一方、顧客は銀行から専門的なアドバイスや柔軟な金融サポートを受けることができます。簡単に言うと、「リレーションシップバンキング」は「銀行と顧客の長期的で密接な関係を基盤にした金融サービス」を指します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。