利率

「利率」とは、資金を借りる際や預ける際に、その資金の金額に対して発生する利息の割合を指す言葉です。具体的には、例えば銀行からの融資や預金、国債や企業債のような証券の利回りを示す際に使用されます。

利率が高ければ、資金を貸し出す側はより多くの利益を得ることができますが、逆に借りる側にとっては返済の負担が大きくなります。また、中央銀行が設定する公定利率や政策金利は、国の金融政策を示す重要な指標となり、経済の方向性を左右することが多いです。簡単に言えば、「利率」とは「資金の利息の割合」を指し、それによって投資の魅力や融資のコストが決まります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。