漁師は潮をみる

「漁師は潮をみる」とは、証券市場の投資家が市場の大きな流れやトレンドを重視して投資判断を行う様子を表現した言葉です。文字通り、漁師が漁をする際に潮の流れや満ち引きを見て最適なタイミングや場所を選ぶように、投資家も市場全体の動きや景気のトレンドを見て、投資のタイミングや対象を選ぶことを意味します。

この言葉は、個別の銘柄や短期的なニュースだけに目を向けるのではなく、より大きな視点で市場を捉える重要性を示しています。簡単に言えば、「漁師は潮をみる」は「投資家は市場全体のトレンドや動きを重視する」という意味を持つ証券用語です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。