モラルハザード

「モラルハザード」とは、金融や保険の分野でよく使われる用語で、保護や保証を受けていることで、個人や企業がよりリスクの高い行動を取る傾向を指します。具体的には、損失が他者に転嫁されると期待することで、本来取らないようなリスキーな行動をとる現象です。

例えば、銀行が国からの救済を期待して過度なリスクを取ったり、保険をかけているために不注意になる場合などがこれに該当します。簡単に言うと、モラルハザードは「他者がリスクを背負ってくれると期待して、不注意や過度なリスクをとる行動」を指す用語です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。