模様眺め

「模様眺め」とは、証券市場において、投資家が具体的な投資行動を取らず、市場の動きや情報を静観する態度を指します。具体的には、将来の市場の動向や経済の見通しが不確かで、どちらに動くか判断がつかない時や、大きな材料待ちの状態で、積極的な売買を避けて様子を見ることを言います。この期間中は、株価などが大きく動かない「もみあい」の状態になることが多いです。

簡単に言えば、模様眺めは「様子を見る」や「待ち構える」状態のことを指し、投資家が次の行動を決めるための情報収集や判断を待っている期間を示します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。