平均取得単価

「平均取得単価」とは、株式やその他の投資商品を複数回にわたって異なる価格で購入した際の、1単位あたりの平均的な購入価格を指します。計算方法は、総取得額を総取得数量で割ることで求められます。

例えば、ある株を1株1000円で5株、後日1株1200円で5株購入した場合、平均取得単価は(5株×1000円 + 5株×1200円) ÷ 10株 = 1100円となります。この平均取得単価は、現在の市場価格と比較して利益や損失を判断する際の基準となります。継続的に投資を行う場合、この平均取得単価を把握することで、全体の投資成果を正確に評価することができます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。