ヘアカット

「ヘアカット」とは、証券取引において、資産の担保価値を決定する際に、その資産の時価から一定の割合を差し引いた額を指します。この概念は、特に担保として提供される資産の価値が急激に変動するリスクを考慮して、安全マージンを設けるために用いられます。

例えば、100万円の株を担保として提供した場合、ヘアカット率が10%であれば、その担保の価値は90万円として計算されることになります。ヘアカットは市場の変動性や担保の流動性に応じて調整されることが多く、リスク管理の一環として非常に重要な役割を果たしています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。