プロフィットファクター

「プロフィットファクター」とは、投資や取引の成果を評価する指標の一つで、取引の効果的な収益性を測るために用いられます。具体的には、総収益の合計を総損失の合計で割った値として計算されます。

プロフィットファクターの計算式は以下の通りです。

プロフィットファクター = 総収益 / 総損失

この値が「1」よりも大きい場合、取引は全体として利益を上げていることを示しています。逆に、「1」未満の場合は損失が利益を上回っていることを意味します。高いプロフィットファクターは、取引戦略の効果的な収益性を示す指標として捉えられますが、単独の指標として頼るだけでは不十分で、他のリスク指標と組み合わせて評価することが望ましいです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。