プログラム売買の状況

「プログラム売買」とは、事前に設定されたアルゴリズムやルールに基づき、コンピュータが自動で株式などの金融商品を売買する取引手法を指します。市場の特定の動きや条件に反応して、速やかに大量の取引を行うことが可能です。

「プログラム売買の状況」とは、このような自動化された取引がどれだけ行われているか、また、市場への影響を示すデータや情報のことです。毎週第3営業日に東京証券取引所が公表しています。例えば、株価が急激に上昇または下落した際、その背後にプログラム売買が大きく関与している可能性があります。プログラム売買の状況を把握することで、市場の動きや将来的なトレンドを予測し、適切な投資判断を下すための参考情報として利用されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。