プレマーケット

「プレマーケット」とは、正式な証券取引所の取引開始時間前に行われる取引のことを指します。証券取引所が開かれる前の早朝の時間帯、特定の取引所や電子取引ネットワークで、投資家たちは株式などの金融商品を売買します。この時間帯の取引は、通常の取引時間に先立って発表される経済指標や企業の業績報告などの重要なニュースに対する反応として行われることが多いです。ただし、プレマーケットでは取引量が少なく、流動性が低いため、価格の変動が大きくなることがあります。通常の取引時間とは異なるリスクや戦略が求められる場となっています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。