プラス成長

「プラス成長」とは、経済や特定の企業の業績が前の期間と比較して増加している状態を指す言葉です。経済全体におけるプラス成長は、国の総生産(GDP)が前の期間よりも増加していることを意味します。企業の場合、売上や利益などが前の期間や前の年と比較して増加していれば、その企業は「プラス成長」と言えます。この言葉は、経済やビジネスの状態が好調であることを示すポジティブな指標として使われることが多いです。逆に、成長がマイナスである場合は「マイナス成長」と表現されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。