プライマリー収支

「プライマリー収支」とは、国や地方公共団体の財政健全性を示す指標の一つです。具体的には、予算収入と予算支出の差額を示すもので、金利支払いと債券発行による収入を除外した純粋な収支を指します。もしプライマリー収支が黒字であれば、その国や自治体は金利支払いを除けば収支が均衡していると言えます。逆に赤字であれば、金利支払いを除いても支出超過となり、財政の健全性に疑問符がつくことになります。プライマリー収支は、国債の返済能力や財政の持続可能性を評価する際の重要な基準となります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。