プットオプション

「プットオプション」とは、将来のある時点で特定の資産(例: 株式や商品)を事前に決められた価格で売る権利を持つ金融商品です。このオプションを購入することで、市場価格が下落した際に、それでも決められた価格で売ることができるため、資産の価格下落リスクから自身を守ることができます。例えば、株価が下がることを予想する投資家は、プットオプションを購入して、もし予想通り株価が下がればその差額を収益として得ることができます。一方、株価が下がらなかった場合は、オプションの購入費用だけが損失となります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。