分離課税

分離課税」とは、特定の金融商品の収益に対して、他の所得とは別に特定の税率で税金を徴収する制度を指します。例えば、日本では一部の投資信託や株式の配当に対して分離課税が適用されることがあります。通常の所得と合算して課税するのではなく、一定の税率で独立して課税されるため、投資家はその税率を考慮して投資判断をすることができます。この制度の目的は、投資を促進するためや、税の取り扱いを簡易化するためなどが挙げられます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。