ブルー水素

「ブルー水素」とは、天然ガスを原料として製造される水素のことを指します。この製造過程で、天然ガスから水素を取り出す際に発生する二酸化炭素(CO2)を、地下に閉じ込める(カーボンキャプチャーとストレージ、略してCCS)技術を組み合わせて使用します。そのため、ブルー水素の製造は、従来の方法に比べて環境へのCO2排出が大幅に削減されるとされています。この技術は、水素経済の推進と環境保護のバランスを取る手段として注目されており、再生可能エネルギーの普及と併せて、温室効果ガスの削減に寄与すると期待されています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。