ブラックスワン理論

ブラックスワン理論とは、金融マーケットで非常にまれに起こる、予測困難で大きな影響をもたらす出来事のことを指します。この理論は、認識論学者のナシム・タレブが提唱し、彼の著書『ブラックスワン』で詳しく説明されています。実際の黒い白鳥は、かつてヨーロッパで知られていなかったため、存在しないと思われていました。しかし、後にオーストラリアで発見され、人々の認識が変わりました。この理論は、予測や経験に基づかない未知のリスクが存在し、それが大きな影響を及ぼすことを示しています。したがって、経済やビジネスでの意思決定時には、これらの予期しない出来事も考慮に入れるべきだという警告となっています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。