フラッシュクラッシュ

「フラッシュクラッシュ」とは、証券市場で非常に短時間のうちに急激な株価の下落が発生し、その後すぐに回復する現象を指します。この急激な価格変動は、高頻度取引(HFT)のようなアルゴリズム取引の影響が大きいとされています。

最も有名なフラッシュクラッシュは、2010年5月6日にアメリカの株式市場で発生しました。この日、わずか数分の間にダウ・ジョーンズ工業平均が約1000ポイントも下落し、その後すぐに大部分の損失を回復しました。このような急激な価格変動は市場の機能不全を引き起こし、投資家の信頼を損なう可能性があるため、取引所や規制当局はこの問題に対する対策を検討しています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。