フラジャイル5

「フラジャイル5」とは、2013年頃に投資家やエコノミストたちの間で使われ始めた用語で、特に経済的な脆弱性が指摘される5つの新興国通過を指します。具体的には、ブラジルレアル、インドルピー、インドネシアルピア、トルコリラ、南アフリカランドの5つの通貨です。

これらの国々は、当時、経常収支の赤字拡大や急激な資本流出、インフレ率の上昇など、マクロ経済的な問題に直面していました。特に、米国の金融政策の正常化(テーパリング)の影響で、多くの新興市場からの資本流出が加速した際に、この5カ国の通過が最も影響を受けやすいとの見方が広がり、「フラジャイル5」というレッテルが付けられました。この用語は、新興市場の投資リスクを評価する際の一つの指標として参考にされることがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。