富裕税

「富裕税」とは、特に高い所得や資産を持つ個人や家族に対して課される税金のことを指します。この税は、経済的な格差を是正する目的や、公共のサービスや福祉の資金を確保するために導入されることが多いです。富裕税は、所得税や資産税の上乗せとして、ある一定の所得や資産の額を超える部分にのみ適用される特別な税率で計算されます。

この税制の背景には、富の再分配を通じて社会的な公正や平等を促進する考え方があります。しかし、導入の際には、資本流出のリスクや経済成長への影響などの懸念もしばしば議論されるテーマとなります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。