浮動株

「浮動株」とは、証券市場で実際に取引されることが可能な株式のことを指します。企業が発行する株式の中には、大株主や経営陣などが長期間保有するため、市場で日常的に取引されない株式が存在します。これに対して、市場で自由に売買される株式を「浮動株」と呼びます。

浮動株の量は、株の流動性や価格の安定性に影響を与えるため、投資判断の際の重要な指標となります。浮動株が多いと、その株式の市場での流動性が高まり、価格の変動も比較的スムーズになります。一方、浮動株が少ないと、少量の取引で株価が大きく変動することがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。