普通取引

「普通取引」とは、株式市場での株式の売買を指す基本的な取引形態のことを言います。この取引方式で行われる売買の特徴として、取引が成立した日から起算して3営業日目に決済が行われる点が挙げられます。つまり、買った株の所有権の移転や売った株の代金の支払いは、取引成立の直後ではなく、決済日に行われます。

普通取引は、株式市場の主要な取引形態として、投資家が日常的に利用するものです。この他にも「信用取引」など、異なるルールを持つ取引形態が存在しますが、初心者の投資家がまず知るべき基本は「普通取引」です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。