普通株式

普通株式」とは、企業が資金を調達するために発行する株式の一種で、最も基本的な形態の株式を指します。普通株式を保有すると、その企業の所有者の一部として、以下の権利を持ちます。

1.配当権:企業の利益に応じて配られる利益の一部を受け取る権利。
2.議決権:株主総会での投票により、企業の重要な決定に関与する権利。

ただし、企業が破綻した際には、債権者など他の権利者に先立って資産を受け取ることはできません。この点が、債券など他の金融商品との大きな違いです。普通株式は、リスクとリターンが比較的高い投資対象とされ、株式市場で売買されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。