負債

「負債」とは、企業が将来支払う必要があるお金のことを指します。具体的には、銀行からの借入や発行した社債、取引先への未払金などがこれに該当します。企業が商品を販売する際やサービスを提供する際に、すぐにはお金を受け取らず後日支払いを受ける場合や、銀行からの融資を受ける場合などに負債が発生します。負債は、企業のバランスシートに記載され、企業の健全性や経営の安定性を評価する際の重要な指標となります。高い負債は、返済のリスクが伴いますが、適切に管理されていれば、企業の成長のための資金として活用されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。