負債比率

負債比率とは、企業の負債の大きさを示す指標の一つです。具体的には、企業の総負債を総資産で割ったものを指します。計算式は「総負債 ÷ 総資産 × 100」で、その結果はパーセンテージで表示されます。例えば、負債比率が50%の場合、企業の資産の半分が負債で賄われているということになります。この指標は、企業の健全性や金融リスクを評価する際に用いられます。一般的に、負債比率が高いと、企業が金融的なリスクを持っていると判断されることが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。