含み資産

「含み資産」とは、企業の財務諸表には明示的に計上されていないが、企業が保有する資産の中で実際の市場価格や評価価格が帳簿上の価格よりも高い部分を指す証券用語です。つまり、実際の価値が帳簿上の価値よりも高いとされる資産の差額のことを言います。

例として、企業が長期間所有している土地があり、この土地の帳簿上の価格が10億円であるとします。しかし、現在の市場価格でこの土地の価値が30億円であれば、この土地には20億円の「含み資産」が存在することになります。

投資家は、企業の真の価値を評価する際に、このような含み資産を考慮することが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。