フォワードガイダンス

「フォワードガイダンス」とは、中央銀行が金融政策の将来的な方向性や取り組みについての情報を公表することを指します。この手法は、市場参加者の期待を形成・誘導することで、現在の経済状況に影響を与える目的で使用されます。たとえば、中央銀行が「今後数年間、低金利を維持する」というフォワードガイダンスを発表すれば、企業や個人は、低金利が継続するという期待から、投資や消費を促進する可能性があります。

このように、フォワードガイダンスは、具体的な政策実施よりも、将来の政策への予告や約束によって、経済の動向を誘導しようとする戦略です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。