風説の流布

「風説の流布」とは、株式市場などの金融市場において、真実と異なる情報や不確かな噂を故意に拡散する行為を指します。このような情報が市場に流れることで、株価の不当な変動や投資家の誤解を引き起こす可能性があります。例えば、ある企業の業績が悪化しているという噂が流され、それに基づいて多くの投資家がその企業の株を売り始めると、株価が大きく下落することが考えられます。そのため、風説の流布は公正な市場の形成を妨げる行為として、日本をはじめ多くの国で法律で禁止されています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。