ファストストキャスティクス

「ファストストキャスティクス」とは、株価やその他の金融商品の価格の動きを分析する際に用いられるテクニカル分析の指標の一つです。この指標は、市場のオーバーバイト(過熱)やオーバーソールド(過度な売り)の状態を検出するために使用されます。

ファストストキャスティクスは、特定の期間内の最高価格と最低価格の範囲における最新の終値の位置をパーセンテージで示すことで、現在の価格動向を評価します。一般的に、この指数が80以上の場合はオーバーバイト、20以下の場合はオーバーソールドと見なされ、それぞれ売りや買いのサインとして解釈されることが多いです。

この指標を用いて投資判断を下す際は、他のテクニカル指標や市場情報と合わせて検討することが重要です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。