ビッグマック指数

「ビッグマック指数」とは、経済誌「エコノミスト」が提唱した通貨の実質的な購買力を比較するための簡易的な指標です。この指数は、マクドナルドのハンバーガー「ビッグマック」の価格を、さまざまな国々で比較することにより、その国の通貨が適正に価値付けされているのか、過大評価されているのか、または過小評価されているのかを示そうとするものです。

たとえば、ある国のビッグマックの価格が非常に高い場合、その国の通貨は過大評価されている可能性が考えられます。逆に、価格が非常に安い場合は過小評価されている可能性があります。ビッグマック指数は非公式なもので、ジョークのような側面も持ちますが、通貨の実質的な価値を考える際の参考として使われることがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。