BIS規制

「BIS規制」とは、銀行の健全性を確保するための国際的な資本規制のことを指します。BISは「Bank for International Settlements(国際決済銀行)」の略で、銀行業界の国際的な協力・連携を促進するための組織です。BIS規制の主目的は、銀行が経済的な危機やリスクに対して十分な資本を持っていることを確保することです。これにより、銀行が倒産した場合や金融危機が発生した場合でも、金融システム全体の安定性を維持することを目指しています。BIS規制は、国際的に活動する大手銀行を中心に、多くの国で採用されており、銀行の健全性や信頼性の基準として利用されています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。