ヒートマップ

「ヒートマップ」とは、証券や金融市場において、多数のデータや情報を色の濃淡や温度で視覚的に表現するグラフィカルなツールのことを指します。例えば、株式市場での各銘柄の上昇率や下落率を色で示すことで、一目でどの銘柄や業界が強い動きをしているのか、または逆に弱い動きをしているのかを確認することができます。

赤やオレンジで暖かい色は価格の上昇や好調な状態を、青や紫で冷たい色は価格の下落や不調な状態を示すことが一般的です。ヒートマップを用いることで、多様なデータを瞬時に捉えやすくし、投資判断の参考とすることができます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。