非連結子会社

「非連結子会社」とは、ある企業(親会社)が出資している子会社の中で、連結財務諸表には組み入れられない会社を指します。企業が子会社を持っている場合、その子会社の業績や資産などを、親会社の財務諸表と合わせて一緒に報告することを「連結」と言います。

しかし、出資比率が少ない、業績への影響が小さい、または経営に実質的な影響を持っていない子会社は、この連結の対象から除外されることがあります。そのような子会社を「非連結子会社」と呼びます。投資家は、非連結子会社の存在やその詳細を知ることで、企業全体のリスクやポテンシャルをより正確に把握することができます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。