ノックインプット売り型

「ノックインプット売り型」とは、デリバティブ商品(金融派生商品)の一つで、特定の条件を満たしたときに初めてプットオプションの権利が発生する契約を指します。プットオプションとは、所定の価格で資産を売却する権利を持つ契約です。

「ノックイン」とは、そのオプションが特定の価格(ノックイン価格)に達すると、オプションの権利が初めて発生する特性を指します。したがって、「ノックインプット売り型」とは、一定の価格まで下落した際に初めてプットオプションの権利が発生する契約のことを意味します。

この契約は、特定の条件を満たすまでオプションの権利は発生しないため、権利が発生する条件や価格を考慮しながら投資戦略を組む必要があります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。