値ぼれ買い

「値ぼれ買い」とは、株式市場において、ある銘柄の株価が一時的に過度に下落したとき、その下落を過度と判断した投資家がその銘柄を買い進める行動を指します。このような買いが入ることで、一時的に落ち込んだ株価は反発することが期待されます。例えば、特に悪いニュースがないのに、ある銘柄の株価が急落した場合、その下落は一時的なものであると考え、投資家たちが「これはお買い得だ」と判断して買い注文を出すことが「値ぼれ買い」です。値ぼれ買いは、市場の過度な反応や誤った評価を修正する役割があるとも言えます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。