ネットバブル

「ネットバブル」とは、1990年代後半から2000年初頭にかけてのインターネット関連企業の株価が急騰した現象を指します。この期間、多くのインターネット関連企業が設立され、それらの企業の株価は高騰し続けました。多くの投資家が新たなビジネスモデルや将来の利益に大きな期待を持ち、株価をさらに押し上げました。しかし、2000年に入ると、多くの企業が利益を上げることができず、株価は急落。多くの投資家が大きな損失を被る結果となりました。この急騰と急落の現象を「バブル」と呼び、特にインターネット関連のこの現象を「ネットバブル」と言います。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。