デッド・キャット・バウンス

「デッド・キャット・バウンス」は、株価が大きく下落した後に一時的に反発する現象を指す投資用語です。この名前は、「死んだ猫でも高いところから落とせば一度は跳ねる」という意味の英語のジョークから来ています。つまり、株価が一時的に上がっても、それは本格的な回復ではなく、再び下落する可能性が高いということを示しています。この現象を理解することで、投資家は一時的な価格上昇に惑わされず、長期的な投資戦略を立てることができます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。