デット・エクイティ・スワップ

デット・エクイティ・スワップは、企業が持つ負債(デット)を株式(エクイティ)に変換することを指します。これは主に、財務状況が厳しい企業が負債を減らすために行われます。具体的には、企業が債権者に対して、現金での返済ではなく自社株を提供する形で借金を返済します。これにより、企業は負債を減らすことができ、一方で債権者は企業の株主となり、企業の業績に連動したリターンを得ることが可能になります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。